哲学ナックルダスター

主に東洋古典を自分の言葉で噛み砕いてくブログ。たまに俳句を詠んだり、他の記事も書きます

3の壁を越えろ 老子現代語訳に挑戦 8

前回の続き

kamata-ei.hatenablog.com

老子 上篇 第二十四章

つま先立ちで立つ者は、しっかりと立つことが出来ない。大股で歩き続ける者は、歩き進めることが出来なくなる。自分を見せびらかす者を皆は良く見ようとはしない。自分が絶対に正しいと主張する者を皆は評価しない。自分をやたら誇る者に成功は無く、自分の成功を誇る者を皆は尊敬しない。それらは「道」で言うところの「捨てられる余り物の料理」というものである。万物は先程述べたものを疑い憎しむ。だから「道」の世界にいる者は「捨てられる余り物の料理」のような世界にはいないのだ。

第二十五章

姿形が定まっていないものが天地より先に生まれた。音や気配も無く、自分だけで成り立ち変わることも無く、天下を回り歩いても疲れない存在である。このようなものだからこそ天下の母と言えるだろう。私はその名を知らない。敢えて「道」と名付ける。強引に真の名に近づけて呼ぶとしたら「大」と呼ぶ。「大」とは通り過ぎていくことであり、通り過ぎていくことは遠ざかることであり、遠ざかることは帰ってくるということである。「道」は大であり、天も大であり、地も大であり、王もまた、大なのである。天下には四つの大があり、王もまた、その一つなのである。人は地を手本にし、地は天を手本にし、天は「道」を手本とし、「道」は自然を手本とする。

第二十六章

重い物は軽い物の根本となり、静かなことは落ち着きのないことの主体となる。この法則により優れた為政者は、終日旅をしても自分の荷馬車から離れたりしない。活気あふれる人や光景を見ても、のんびりとくつろぎ、世俗に心を惑わされたりしない。一万台の戦車(当時は戦闘用の馬車)を持つほどの君主たる者が天下を軽々しく扱うとどうなるだろうか。軽々しく扱えば、天下を治める根本を失い、落ち着きが無ければ君主の地位を失うことになる。

 

 

続く