哲学ナックルダスター

主に東洋古典を自分の言葉で噛み砕いてくブログ。たまに俳句を詠んだり、他の記事も書きます

朱子学

北渓字義ノート 36 十二 誠(5~9)

前回の続き kamata-ei.hatenablog.com 北渓字義 十二章 誠 の第5節から。 十二-5 十二-6 十二-7 十二-8 十二-9 十二-5 『中庸章句』より 「君子はこれを誠にするを貴しと為す」 「これを誠にするは人の道なり」 →人が工夫や努力をする場合について述べたもの…

北渓字義ノート 35 十二 誠(1~4)

前回の続き kamata-ei.hatenablog.com 北渓字義 十二章 誠(全9節) 十二-1 十二-2 十二-3 十二-4 十二-1 誠 忠信ととても似ているが区別する必要がある。 誠→自然の理の状態について言い現した言葉。 忠信→人が努力、工夫をする上について説いた言葉。 十二-2…

北渓字義ノート 34 十一 一貫(1~5)

前回の続き kamata-ei.hatenablog.com 北渓字義 十一章 一貫(全5節) 十一-1 十一-2 十一-3 十一-4 十一-5 十一-1 一→全体としての一理である、ここに根本がある。 貫→この一理のはたらきが、万事万物の中を貫いていること。 聖人の心→全体が一理であって、根…

北渓字義ノート 33 十 忠恕(7~9)

前回の続き kamata-ei.hatenablog.com 北渓字義 十章 忠恕 7節から 十-7 忠→己にあるもの。 恕→人に及ぼすもの。 恕とだけ言った場合、忠がその中に含まれている。 「己を推すをこれ恕と謂う」、「己の欲せざる所、人に施すことなかれ」という場合は「己」の…

北渓字義ノート 32 十 忠恕(6)

前回の続き kamata-ei.hatenablog.com 北渓字義 十章 忠恕 6節から 十-6 十-6 聖人→元々私意が無いので心を推す必要が無い。 学ぶ者の場合→私意が心の中で邪魔をするのを免れない。故に他人に対してどうしても、分け隔てをしてしまい、相手を蔑ろにする。 こ…

北渓字義ノート 31 十 忠恕(2~5)

前回の続き kamata-ei.hatenablog.com 北渓字義 十章 忠恕 2節から 十-2 十-3 十-4 十-5 十-2 忠と恕 全く同じものだが、二つの部分で分けると二つのものになる。 謝良佐は「忠恕はなお形影のごとし」とうまく説いている。 内面に保持しているものが忠。 忠…

北渓字義ノート 30 十 忠恕(1)

前回の続き kamata-ei.hatenablog.com 北渓字義 十章 忠恕(全9節) 十-1 十-1 忠信→忠と信を並べて論じる。 忠恕→忠と恕を並べて論じる。 程頤は「己を尽くすをこれ忠と謂い、己を推すことをこれ恕と謂う」と説いている。 忠→心について説く。己のことを尽く…

北渓字義ノート 25 九 忠信(3~9)

前回の続き kamata-ei.hatenablog.com 北渓字義 九章 忠信 第3節から 九-3 信 言説の上でいうときは、発言が真実であること。 仕事の上についていうときは、仕事の仕方が誠実であること。 言説では五常の信を指している。 仕事では忠信の信を指している。 九…

北渓字義ノート 24 九 忠信(1~2)

前回の続き kamata-ei.hatenablog.com 北渓字義 九章 忠信(全9節) 九-1 九-2 九-1 忠信→人が努力をする場合に関してこの言葉が作られた。 性→仁・義・礼・智の四つがあるだけで、全ての善は皆ここから生じているので、先の四つは、実は全ての善を統括してい…

北渓字義ノート 23 八 仁義礼智信(26~27)

前回の続き kamata-ei.hatenablog.com 北渓字義 八章 仁義礼智信 第26節から 八-26 八-27 八-26 程子は「心は例えば穀種の如し、生の性、すなわち是れ仁なり」と論述している。 これは説き方が極めて親切。 これを基準として考え、同じく程子の「仁は性なり…

北渓字義ノート 22 八 仁義礼智信(19~25)

前回の続き kamata-ei.hatenablog.com 北渓字義 八章 仁義礼智信 第19節から 八-19 八-20 八-21 八-22 八-23 八-24 八-25 八-19 親を親として大切にするのは仁。 心から親を愛する→仁の中の仁。 親を諫める→仁の中の義。 「温凊定省(おんせいていせい ※『礼…

北渓字義ノート 21 八 仁義礼智信(16~18)

前回の続き kamata-ei.hatenablog.com 北渓字義 八章 仁義礼智信 第16節から 八-16 八-17 八-18 八-16 仁・義・礼・智は二つに分けると仁と義の二つだけになる。 春夏秋冬の四季は、分けると陰と陽の二つだけになる。 春と夏→陽に属する。 秋と冬→陰に属する…

北渓字義ノート 21 八 仁義礼智信(13~15)

前回の続き kamata-ei.hatenablog.com 北渓字義 八章 仁義礼智信 第13節から 八-13 八-14 八-15 八-13 仁→心の全徳。四つのものを兼ね統率している。 義・礼・智・信→仁が無いと存在しない。 仁は心の中に備わっている生の理。常にそのはたらきが広がり物を…

北渓字義ノート 20 八 仁義礼智信(10~12)

前回の続き kamata-ei.hatenablog.com 北渓字義 八章 仁義礼智信 第10節から 八-10 八-11 八-12 八-10 孟子の四端の説→外面に現れたものを手掛かりとして内面にあるものを確かめた。 子どもが突然、井戸に落ちようとしているのを見ると、自然に惻隠の心が生…

北渓字義ノート 19 八 仁義礼智信(6~9)

前回の続き kamata-ei.hatenablog.com 北渓字義 八章 仁義礼智信 第6節から 八-6 八-7 八-8 八-9 八-6 礼→心の敬であり、天理の節文(『論語集注』より)である。 心の中に敬がある→自然に湧き出てくるのが礼。応接に現れると自然に節文が生まれる。 節→酷い行…

北渓字義ノート 18 八 仁義礼智信(4~5)

前回の続き kamata-ei.hatenablog.com 北渓字義 八章 仁義礼智信 第4節から 八-4 八-5 おまけ 八-4 仁は極めて広大で精緻。 だが、そのはたらきを物を愛することに限定し、現れた端緒を惻隠だけに限定するのはなぜか? 仁は心が備えている理の全体であり、常…

北渓字義ノート 17 八 仁義礼智信(1~3)

前回の続き kamata-ei.hatenablog.com 北渓字義 八章 仁義礼智信(全27節) 八-1 八-2 八-3 八-1 仁・義・礼・智・信の五常は天地について考えていくと五行の徳となる。 人の性での仁→五行では木の神。 人の性での義→五行では金の神。 人の性での礼→五行では火…

北渓字義ノート 16 七 意(1~4)

前回の続き kamata-ei.hatenablog.com 北渓字義 七章 意(全4節) 七-1 七-2 七-3 七-4 七-1 意→心が発動したもの。思料し運営するという意味がある。 情→性から発動したもの。 意→心が発動したもの。 情→心の中から自然に発動し、姿形を変えて出てきたもの。…

北渓字義ノート 15 六 志(4~7)

前回の続き kamata-ei.hatenablog.com 北渓字義 六章 志 の続き 六-4 六-5 六-6 六-7 六-4 程子の上奏文(『河南程氏文集』巻一、上殿箚子)では、立志を説いた一節が最も重要。 君主の立志を説いたものだが、学ぶ者の立志も君主の立志も同じ事。 一身上の違い…

北渓字義ノート 14 五 才(1) 六 志(1~3)

前回の続き kamata-ei.hatenablog.com 北渓字義 五章 才(全1節)と六章 志(全7節) 五-1 六-1 六-2 六-3 五-1 才とは才質・才能のこと。 才質→才量他ということと同じ。体質からいうもの。 才能→仕事をする能力のこと。 同じ仕事でも良くできる人もいれば、全…

北渓字義ノート 13 四 情(1~5)

前回の続き kamata-ei.hatenablog.com 北渓字義 四章 心(全5節) 四-1 四-2 四-3 四-4 四-5 四-1 情と性は対になっている。 情は性が動いたもの。 心の中にあり、まだ発動していないものが性。 事物が触れ、発動してくるのが情。 情は性の中から発動してくる…

北渓字義ノート 12 三 心(7~12)

前回の続き kamata-ei.hatenablog.com 北渓字義 三章 心 の続き 三-7 三-8 三-9 三-10 三-11 三-12 三-7 心の分量は極めて大きく無限である。 孔子が幅広く学ぶことに飽きることが無かったのは、心の極大無限の分量を極めつくそうとしたからだった。 三-8 心…

北渓字義ノート 11 三 心(3~6)

前回の続き kamata-ei.hatenablog.com 北渓字義 三章 心 の続き 三-3 三-4 三-5 三-6 三-3 心→本体が有り、作用がある。 衆理を備えている→心の本体 万事に応じていく→心の作用 寂然として動かない→心の本体 感じて遂に通じる→心の作用 本体→性のこと。心が…

北渓字義ノート 10 三 心(1~2)

前回の続き kamata-ei.hatenablog.com 北渓字義 三章 心 から(全12節) 三-1 三-2 三-1 心は身体の主宰者。 人が身体を動かす。 腹が減って食べ物を思う。 のどが渇いて飲み物を思う。 夏の暑さや冬の寒さに適した服を思う。 こう思うのは心が主宰しているか…

北渓字義ノート 9 二 性(6~8)

前回の続き kamata-ei.hatenablog.com 「北渓字義」 二 性 の続き 二-6 二-7 二-8 二-6 韓愈は「人の性と為す所以の者は五、曰く、仁・義・礼・智・信と」言った。これは性を正しく理解しているが、これは性三品説になってしまっているので間違いになってし…

※改題 北渓字義ノート 8 二 性(3~5)

前回の続き kamata-ei.hatenablog.com この記事は、「朱子学の基本用語―北渓字義訳解(研文選書) 」を基に朱子学について書いていきましたが、路線と題名を変えます。今までは本の内容をわかり易くという事で書いていきましたが、今後は自分が理解する為のノ…

陳淳で朱子学入門 7 北渓字義 二 性(1~2)

前回の続き kamata-ei.hatenablog.com 久々の更新だね。 北渓字義の 二「性」について。全8節 www.yodobashi.com 二-1 二-2 二-1 性とは理のことです。何故性と言わずに理というのでしょうか? 私が思うに「理」とは、天地の中に備わっている人やものにある…

陳淳で朱子学入門 6 北渓字義 一 命(9)

前回の続き kamata-ei.hatenablog.com 一 命の第9節から 一の9 一の9 Q「天命は同じであっても何故、人が受け取ると不揃いが生じるのでしょうか?」 A「天が雲を作り雨を降らしたとします。降る雨には変わりは有りませんが、黄河や揚子江といった大河に降っ…

陳淳で朱子学入門 5 北渓字義 一 命(8)

前回の続き kamata-ei.hatenablog.com 一 命の第8節から 一の8 一の8 Q「天が命令するというのは、天上にある存在がいて、命令をするということなのですか?」 A「天は理以外の何物でもありません。古の人が天という場合は、理の事をいってるのです。程頤(て…

陳淳で朱子学入門 4 北渓字義 一 命(7)

前回の続き kamata-ei.hatenablog.com 一 命の第7節から 一の7 一の7 Q「孟子の『これを為すこと莫くして為す者は天なり。これを致すこと莫くして至る者は命なり』への朱子の注釈に『理を以ってこれを言えば、これを天と謂い、人よりこれを言えば、これを命…